欲しいものがあることは、悪いわけじゃない。

「まあ、素敵な家ね。いいわね。」と、家を新築した当初はよく言われたものだ。それだけで
「豪邸を建てることができた人」と印象付けられてしまう。実際には
「いえいえ、これからローン返済が大変です。」と人に返す言葉のほうが正直な気持ちなのだ。なんせ、家族が多いけれど、土地が広くないという理由から、やむなく3階建てで、周囲の家の中でも背だけは一番高くなってしまった。
 私の前述の言葉に対して、
「あら、借金も財産のうちよ。」と言ってくれた人がいた。そこには、言葉以上の深い意味もあり、私も自分ながらに考えさせられたものだ。あれから10年以上が経過するが、年齢が高くなるに従って、物欲も失せてくるなぁ、と感じる今、改めてその言葉を思い起こす。借金をするほどに「欲しい」と思うものがあったり、人生を謳歌したい、という気持ち自体が、若さであるような気がする。かといって、無理な買い物はしないに越したことがないけれど。
 ミュゼ 全身脱毛 12回