ストレスを溜めずに英語が話せるようになるシェアハウス

「英語が話せるようになりたい」と思い、英会話を勉強する人が増えています。そんな中、「ひとつ屋根の下で日本人と外国人が暮らし、英語漬けの生活を送ると、英語が話せるようになる」という試みが広がっています。

共用の浴室と洗面所のほか、1人部屋と2人部屋があるシェアハウスに入居している人たちの目的は、英語が話せるようになることです。 しかし、誰もが「必死」というよりも、笑顔で楽しい生活を送っています。 このシェアハウスでは、早朝、参加自由の有志による勉強会のほか、週2回夜間に行われるレッスンの費用も共益費に含まれています。 

また、人が集まるリビングなどのほか、2人部屋も原則英語で会話するこのシェアハウスは、ずっと英語で話さなければならず、さながら留学しているような生活が送れます。

「英語が話せるようになりたい」と思い、シェアハウスに入居した人たちは、ストレスが溜まらず、少しずつ話せるようになる満足感を味わっています。

そんな中、好評のシェアハウスは、現在、いくつか満室になっているようですが、2020年のオリンピックに向けて、益々需要が高まるでしょう。

「英語漬けシェアハウス」に住み、私も英語が流暢に話せるようになりたいです。返済シミュレーション aiful