女だけが働いて、家事や育児をする時代は終わった。

最近、夫に死んでほしい妻たちというレポの本を読んでいます。
それを離婚した同じ職場の人に打ち明けました。すると、もろに共感していました。
私の家ではそれ程ではありませんが、どこの家庭、特に離婚を経験している人は一度はそんな風に感じるんだなと思いました。
その本を読み進めると団塊の世代の妻たちの体験談が載っています。
内容は亭主関白そのものです。
今の時代、料理がまずいからと言ってお皿を割る様な事は食材が勿体なさ過ぎてする人も少ないと思います。
しかし、その時代の人は応応にしてあったとありました。
又、離婚は社会的にも嫁の実家の母親さえもするなと言う風潮がありました。離婚して戻ってくるのは一家の恥だと言われ、実母にも頼れず耐えたと記載ありました。
その点、今はそんな事もありません。
実母が子どもを連れて戻ってきてもいいと言う程です。
上の世代の方が耐えて、自分の子には考え方を改めてくれたから、まだシングルマザーにもなりやすい状況になったと思いました。
これからは次の世代の為に、家事は夫婦が分割して当然という風潮等を形成できたらなと思っています。

仕事の調整は難しいけど頑張って稼ごうって思っています

今、結構仕事が立て込んでいてわれながら追われているな?なんて思うことが多いです。まぁ追われないと仕事なんてしないってこともあるのかもしれないですけどね。それにしても結構いっぱい仕事させるよなって思ったりもしちゃいます。
ま、今の自分は在宅勤務との合わせ技で、搾取されているなって思うところはありますが、投資も同時にしているので資本家として努力していけば大丈夫かなって思うところもあります。
そんな中で副業の調整がなかなかうまくいかずこれは結構大変かも?って思うところも。まぁ一つをキャンセルしたのですが、ありがたいことにまた募集はかけるから時間できたら応募してください見たいな感じでした。副業だから無理しなければいいし、ある意味ドライな関係なので、その意味でも手軽でいいなって思ってしまいます。今はわき目もふらずにとにかく仕事に邁進しようって思います。ちょっとお金もかかるけどノマドワークもして自分の意識を高めていきたいです。http://www.sleeekingenting.biz/musee-tenpo.html

印刷業についての発展を調べてみると勉強になる

この不景気の時代、景気のいい業界ってどんな業界だろう?と考えるんですが、注目しているのはネット印刷通販の市場規模です。この10年で実に40倍の400億円市場へと急成長しており、今後のネット通販全体の伸張を考慮すると、1兆円市場に達すると言われているそうです。そしてこの有望なネット印刷通販市場に対して、印刷会社各社によるネット印刷通販サイトの立ち上げが次々と行われています。やはり発展していくためにはさまざまな面で比較していくことが大事です。今後のネット印刷通販比較のさらなる発展もチェックしていきたいです。今印刷業に勤めているという人や、興味のある方は特に注目でもあるでしょう。そして最近はスマートフォンの普及によって、ネットでの作業もスマートフォンからアクセスすることが多いという人もいるでしょう。そんな時、スマートフォンで行った作業を家のパソコンでもスムーズにつなげることができたらとても便利です。多機能のICの作業はもちろん、セキュリティー面でも安心できるものであれば、趣味の印刷はもちろん仕事の作業でもとても便利でしょう。ミュゼ ログイン できない