息子から聞いた小学生の遠足での思い出について

赤ん坊が塾の遠足に行ってきた。バスで約1瞬間ぐらいの場所に居残る県立のアニマル園に行ってきたようだ。朝から気分が高かったが、帰ってきたときは、行きの頻度ダブル気分が厳しく帰ってきたので、大いに楽しかったようだ。お銭湯に入りながらどういう見かけだったか聞いてみた。4つの要所をしっかり通り過ぎるように、分隊使用でアニマル園内を回ったようだ。赤ん坊は副班長を担当して、班長を敢然とサポートしたみたいだった。おんなじ分隊内に秀逸助太刀学級の子どもが2呼称いたが、敢然と助太刀できたとの仕事場だった。学童保育でも小さい子の障碍をぐっすり見ているようで、障碍見が好ましい子どもみたいでよかった。また、持っていうケーキを教頭教官や保険の教官などに、あげたとも言っていた。友人だけでなく、教官ともうまくコミュニケーションを取れているようで良かった。往復の車内では、じゃんけんフェスティバルを行ったようで、往きも戻りもベストになったとのことだ。なんて好運の激しい子どもなんだと心から思った。その好運を多少なりとも分けてほしいとも思った。